ディープラーニング

マイクロソフト 自然言語解析で株価の予測に挑戦中

マイクロソフトは、自然言語解析による機械学習を活用し、株価を予測するアルゴリズム作成を試みており、投資する上で重要な指標を算出できる可能性があることを明らかにした。 同社は、米国の上場企業1,000社、2年分の決算データを自然言語解析したうえで、…

eコマースに対するAI活用が効果的

マーケティング&セールス領域におけるAI活用は、今後ますます盛んになるものと思われ、特にeコマースなどの小売業においては、大きな可能性を秘めている。 米国マッキンゼー・アンド・カンパニーは、2018年4月にまとめたNote from the AI frontier: Applica…

DeepMind 平面図から立体画像を想像するAIを開発

Googleの関連会社であるイギリスのDeepMindは、平面画像(2D画像)を立体画像(3D画像)に変換するAIの開発に成功したことを発表した。 同社が開発したAIは、人間からのヒントなしに、平面図から自律的に、物体の相関関係が明確な立体図を作成できたという…

Formula 1 AWSの機械学習やディープラーニングを利用

F1世界選手権を運営するFormula 1は、公式クラウドサービス&機械学習サービスとして、アマゾンが運営するAWSを採用したことを発表した。 同社は今後、レース戦略、データ分析、機械学習、動画配信など、幅広い分野でAWSを利用する。同社のデータサイエンテ…

ABEJA(アベジャ) シリーズCラウンド42億調達、NVIDIAなどから

AIスタートアップのABEJA(アベジャ)は、約42億5,000万円の資金調達を行ったことを発表した。 今回、ABEJAには、米国NVIDIA、産業革新機構、SBIインベストメントダイキン工業、TBSイノベーション・パートナーズ、トプコン、日本郵政キャピタル、武蔵精密工…

MIT ディープラーニングでセラピーロボットを開発中

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、ディープラーニングを活用し、自閉症の子ども向けのセラピーロボットを開発している。子どもの感情をより自然に感じ取る技術を目指しているという。 ディープラーニングが対象とするデータは、言葉や表情、…

1日180年分プレイするAI eスポーツでトッププレイヤーに勝利

AIの研究機関であるOpenAIは、人気ゲームDota 2の団体戦でAIチームがトッププロプレイヤーに勝利したことを発表した。 Dota 2は、人気eスポーツのひとつで、高度な戦術を必要とする。開発されたAIは、Dota 2のチーム戦で上位1%にあたるトッププロプレイヤー…

ディープラーニングでクリスタルの構成原子を予測

フロリダ州立大学の研究チームは、クリスタルの構成原子を予測するAIの作成に成功した。 同チームは、50,000種類のクリスタルの構造をテストデータとしてプログラムに読み込ませ、化学に関する基礎知識を与えることなく、ニューロンネットワークモデルと呼ば…

チューリッヒ生命 IBM Watsonベースのチャットボット採用

チューリッヒ生命は、お客様サポートのサービスに、IBM Watsonベースのチャットボットを導入することを明らかにした。 同社はもともと電話のみでお客様サポートの対応を行っていたが、カスタマーの利便性向上のために、担当者が入力する有人チャットとIBM Wa…

IBM 人間と討論可能なAIを開発中

IBMは、人間と討論可能な人工知能(AI)システム「Project Debater」のデモンストレーションを披露。AIが人間と議論できる可能性を示した。 報道関係者を招いて行われたデモンストレーションでは、AIが2人の論客と対戦。聴衆からの投票の結果、1勝1敗の結…

ルービックキューブ全面揃え 自ら解決方法を導くアルゴリズム作成に成功

カルフォルニア大学アーバイン校のコンピューターサイエンスの研究チームは、人間の手助けをまったく必要せずに、プログラムが自らルービックキューブを揃える方法を考案するアルゴリズムの作成に成功した。 ディープキューブ(DeepCube)は、3×3形式のル…

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog