機械学習

ユニクロ AIを活用したお買い物アシスタントサービス「UNIQLO IQ」をリリース

ユニクロは、AIを活用したお買い物アシスタントサービス「UNIQLO IQ」のサービス提供を開始した。 これは、AIを活用したチャット自動応答システムで、商品情報や着こなしの検索、店舗の在庫状況の確認、オンラインストアでの購入、よくあるお問い合わせの確…

「重症患者が1年以内に死亡する可能性」を機械学習により予測するアルゴリズム

米 ミネソタ医科大学の研究チームは、機械学習によって重症患者が1年以内に死亡する可能性をより正確に予測するアルゴリズムを開発した。 同研究チームは、約60,000名分の重症患者のバイタルサイン、血液検査、生化学検査などの医療情報、いわゆる「EHRデー…

空調システムの保守に機械学習を活用

空調システム保守サービスのジョンソンコントロールズは、機械学習によって設備の不具合を事前に感知するシステムを開発した。 同社は大規模ビル向けに空調システムを提供している。そして空調システムの故障を事前に検知するには、多くの人手を必要とし、複…

Google インドで対面型の機械学習講座を開始

Googleは、NITI Aayogと共同で、2018年7月にインドにおいて、対面型の機械学習の講座を開始する。 同社はこれまで、Machine Learning Crash Courseと呼ばれるオンラインで機械学習の講義を提供しているが、対面型のレクチャーへの取り組みは初となる。 イン…

MIT 化学物質の構造を機械学習させ、新しい物質発見を目指す

マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータ・サイエンス研究チームは、250,000にも及ぶ化学物質の構造をAIに機械学習させ、新しい化学物質の発見をサポートするアルゴリズムを開発している。 同大学が開発した機械学習アルゴリズムは、より効果的に新し…

AIで潰れそうな会社を検知

ブラジル ウベルランジア大学の研究チームは、過去の法人データをAIに機械学習させることで、潰れそうな会社を検知するアルゴリズムを作成した。 同研究チームは、1985〜2013年の北米の会社を分析。すべての法人の合計10,000年分のデータを活用した。Altman …

MITのAI関連の大学院レベルの本格的な授業をオンラインで受講可能

マサチューセッツ大学(MIT)は、 MITx MicroMasters Program in Statistics and Data Scienceと呼ばれるデータサイエンスや機械学習に関するオンライン講座をオープンしした。 同講座では、MITの教師陣がオンラインで教鞭を取っており、大学院同等のハイレ…

脳内血流を機械学習し「頭の良さ」を測るAI開発

カルフォルニア工科大学(Caltech)は、脳内の血流の動きから、頭の良さを測るAIを開発した。 同AIは、脳内を観察できる装置「functional magnetic resonance imaging (fMRI)」を使って血液の流れを見る。これにより、ウソをついていることや、何も考えてな…

Formula 1 AWSの機械学習やディープラーニングを利用

F1世界選手権を運営するFormula 1は、公式クラウドサービス&機械学習サービスとして、アマゾンが運営するAWSを採用したことを発表した。 同社は今後、レース戦略、データ分析、機械学習、動画配信など、幅広い分野でAWSを利用する。同社のデータサイエンテ…

カブドットコム証券 AIで売買審査

カブドットコム証券は、売買審査業務に人工知能(AI)を導入することを発表した。人工知能(AI)の技術については、日立製作所から提供を受けるという。 このシステムは、過去に不公正取引と見なされた事例を人工知能(AI)に学習させ、株価の動きを含めた売…

浜松ホトニクスとマイクロソフト 早期発見できる認知症診断AIを開発中

浜松ホトニクス、浜松光医学財団、マイクロソフトは、認知症の早期発見のための画像診断AIの開発を加速する。 浜松光医学財団は、約28,000件もの健康な人の検診画像データを保有。また、継続的な診断を実施しているため、同一人物の画像変化を確認することが…

アメリカ軍 AIで戦車の故障リスクを事前に把握

アメリカ軍は、戦車をメンテンスすべきタイミングを把握するため、AIを活用している。このプログラムは、米国AI関連会社Uptakeが技術協力し、開発された。 同社は公式ブログにおいて、戦車の故障を事前に把握し、予定外の修理・メンテンスを避けることは、活…

コールセンターの品質 AIがチェック

トランスコスモスは、Communication Science Labと共同で、コールセンターの応対品質を自動で判定するAIを開発した。 今回開発されたプログラムは、同社が持つコールセンターの運営ノウハウをAIに機械学習させ、対応マナーについて判定させるというもの。 従…

Yelp AIでレストランの人気メニューを検出

北米を中心にレストラン検索サービスを提供しているYelpは、AIを使って各レストランの人気メニューを検出する機能を公開した。 同AIは、各レストランへの口コミ投稿と写真データに対して機械学習を実施し、写真の投稿頻度とコメント内容から人気メニューのリ…

東工大と産総研ら 人工知能で火山灰粒子の形状を判別

東京工業大学と産業技術総合研究所、統計数理研究所の共同研究グループは、火山灰粒子を人工知能(AI)に学習させ、約92%の精度で特徴的な形状を判別・分類することに成功した。 従来の方法では、目視により火山灰粒子の形状の判別と分類を行っていたため、…

PayPal 機械学習で不正送金検知するAIベンチャー買収

PayPalは、Similityを1.2億ドルで買収したと発表した。PayPalは決済系ベンチャーHyperwalletを4億ドルで買収したばかりだった。 Similityは2014年に設立された会社で、機械学習によって不正送金を検知するサービスを提供している。Similityのサービスは、な…

生体分子の研究にも機械学習を活用

生体分子(体内にある物質)の特定に、機械学習を活用する技術が開発された。 ヨーロッパ分子生物研究所(European Molecular Biology Laboratory)のダニエル・フランク氏らの研究チームは、既存のSmall angle X-ray scattering (SAXS)と呼ばれる生体分子の…

Facebook 機械学習でフェイクニュース検知

Facebookは、フェイクニュース(根拠のない嘘の情報)をなくすため、機械学習を使ったファクトチェック(信憑性の確認)を導入することを明らかにした。 Facebookに投稿される膨大な情報を、すべて人間の手作業で精査することは極めて難しいため、機械学習を…

電子カルテの自然言語処理解析 90%以上の精度で感染症・伝染病の診断

シンガポール国立大学の研究チームは、電子カルテの自然言語処理による解析を実施。これにより、90%以上の精度で感染症・伝染病の診断を下すアルゴリズムの開発に成功した。 同チームは、総合診療科の電子カルテ1680件のうち、半分をトレーニングに使い、残…

Google 電子カルテのディープラーニングで死期さえも予測

Googleは、電子カルテのディープラーニングによって、患者のさまざまな容態を予測可にするアルゴリズムに関する研究結果を発表した。 同研究は、カルフォルニア大学サンディエゴ校、シカゴ大学の病院に入院した216,221人分の成人患者の電子カルテを利用して…

機械学習でケンカの予兆を発見

米国コーネル大学のチームは、機械学習によって「ケンカや揉め事の予兆となるフレーズ」を見つけ出す方法を研究。その結果を発表した。 同研究チームは、ウィキペディアの編集ディスカッションページ5,000万件近くの会話を分析。Perspective APIによって、ケ…

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog