画像解析

慶大医学部と富士通、診療支援AI技術を開発

慶應義塾大学医学部と富士通による共同チームは、AIによる診療支援技術を開発したことを明らかにした。 同チームは、放射線科医が読影した画像検査報告書に、自然言語処理と機械学習が可能なAI技術を適用し、入院の可否などを分類する学習済モデルを開発。こ…

画像認識AI国内市場 2021年度には551億円市場に拡大見込み

人工知能(AI)を活用した画像認識に関する市場は、2017年度で19億1000万円、2021年度には551億円にまで拡大すると見込まれている。 ミック経済研究所は「AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の現状と展望【2018年度版】」において、…

MIT Media Lab 少ないテストデータを拡張することで医療診断AIをトレーニング

マサチューセッツ工科大学メディアラボ(MIT Media Lab)のPratik Shah氏は、少ない画像数で医療診断が可能なAIについてTEDトークで紹介した。 従来、病気を診断するAIには、トレーニングデータとして、MRIなどの数千枚によも及ぶ画像と、各画像に対する医師…

Google 自分のポーズと似ている写真をリアルタイムで提供するMove Mirrorをリリース

Googleは、自分のポーズと似ている写真をリアルタイムで提供するサービスMove Mirrorをリリースした。 同サービスは、PC内蔵カメラで自らを撮影すると、同じポーズを撮っている画像をリアルタイムで検出し表示させるというもの。表示対象となっている約80,00…

皮膚腫瘍の悪性を判定できるAIを開発

筑波大学と京セラは、共同で、皮膚腫瘍の悪性判定が可能なAIを開発した。 同共同チームは、筑波大学が所蔵している臨床写真を用いて、90%以上という非常に高い診断精度を有する皮膚腫瘍人工知能(AI)診断補助システムを開発した。 同大学によると、従来、AI…

GAUSS ファッションサイト向けにAIによる動画編集システムを提供

GAUSSは、人工知能(AI)の画像認識技術を用いて動画編集を行うファッションEC向けシステムを開発した。 このシステムは、サイトに動画をアップロードすると、指定のアイテム名からAIが自動的に該当箇所を認識し、拡大表示するなどの編集を行うというもの。 …

NvidiaとMIT 粗い画像を鮮明にするAI作成

Nvidiaとマサチューセッツ工科大学(MIT)は、粗い画像からノイズを除去するAIを開発したことを明らかにした。 「Noise2Noise AI」と呼ばれるこのアルゴリズムは、ノイズを加えた50,000枚にも呼ぶ写真をテストデータとしてAIに機械学習させ、開発されたもの…

クセのある字も機械学習で認識 インテックとアグレックスが共同開発

インテックとアグレックスは、機械学習を用いたOCR(Optical character recognition)を共同で開発した。 インテックが機械学習アルゴリズムを開発。機械学習のためのテストデータには、アグレックスが保有するデータエントリーの経験・ノウハウを提供した。 …

中国の医療診断AI 医師よりも高い精度で脳腫瘍を診断

医療診断AI「Biomind」は、中国の医師たちを上回る精度で脳腫瘍を診断した。 Biomindは、シンガポールのAIベンチャーと台湾の病院とが共同で開発した医療診断のAIアルゴリズム。中国の医師たち15名と脳腫瘍に関する診断対決を行い、その模様がTV番組で放映さ…

浜松ホトニクスとマイクロソフト 早期発見できる認知症診断AIを開発中

浜松ホトニクス、浜松光医学財団、マイクロソフトは、認知症の早期発見のための画像診断AIの開発を加速する。 浜松光医学財団は、約28,000件もの健康な人の検診画像データを保有。また、継続的な診断を実施しているため、同一人物の画像変化を確認することが…

動画から人の動作や姿勢を抽出するAI商品化

電通国際情報サービスは、このたび動画から人の動作や姿勢を抽出するAIを開発した。 これは米国 カーネギーメロン大学が開発した「OpenPose」を映像解析エンジンとして採用したもので、人体の姿勢の特徴をディープラーニングを用いて検知するという。OpenPos…

Yelp AIでレストランの人気メニューを検出

北米を中心にレストラン検索サービスを提供しているYelpは、AIを使って各レストランの人気メニューを検出する機能を公開した。 同AIは、各レストランへの口コミ投稿と写真データに対して機械学習を実施し、写真の投稿頻度とコメント内容から人気メニューのリ…

東工大と産総研ら 人工知能で火山灰粒子の形状を判別

東京工業大学と産業技術総合研究所、統計数理研究所の共同研究グループは、火山灰粒子を人工知能(AI)に学習させ、約92%の精度で特徴的な形状を判別・分類することに成功した。 従来の方法では、目視により火山灰粒子の形状の判別と分類を行っていたため、…

Adobe AIで編集画像を検知する技術を開発中

写真編集ソフトAdobe Photoshopを提供している Adobeは、フェイクニュースの撲滅のために、編集画像をAIで検知する技術を開発中であることを明らかにした。 同社が開発中のシステムは、数万枚のフェイク画像(故意に編集された画像)をディープラーニングに…

アイドル自動生成AIを開発

株式会社データグリッドは、架空のアイドルの顔画像を生成するAIを開発した。 同社は、GAN(Generative Adversarial Network、敵対的生成ネットワーク)と呼ばれるAI技術を活用。AIに実在のアイドルの顔画像を学習させることで、アイドルらしい特徴を捉えた…

機械学習 脳3D画像を1000倍速く比較

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、機械学習アルゴリズムを活用することにより、脳の3D画像の核磁気共鳴画像法(MRI)比較を1000倍速くする研究を発表した。 脳の3D画像の比較には、撮影位置の調整や光学的な調整が必要とされるため、従来の…

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog