研究論文

AIに関する研究論についての記事

NvidiaとMIT 粗い画像を鮮明にするAI作成

Nvidiaとマサチューセッツ工科大学(MIT)は、粗い画像からノイズを除去するAIを開発したことを明らかにした。 「Noise2Noise AI」と呼ばれるこのアルゴリズムは、ノイズを加えた50,000枚にも呼ぶ写真をテストデータとしてAIに機械学習させ、開発されたもの…

MIT 化学物質の構造を機械学習させ、新しい物質発見を目指す

マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータ・サイエンス研究チームは、250,000にも及ぶ化学物質の構造をAIに機械学習させ、新しい化学物質の発見をサポートするアルゴリズムを開発している。 同大学が開発した機械学習アルゴリズムは、より効果的に新し…

AIで潰れそうな会社を検知

ブラジル ウベルランジア大学の研究チームは、過去の法人データをAIに機械学習させることで、潰れそうな会社を検知するアルゴリズムを作成した。 同研究チームは、1985〜2013年の北米の会社を分析。すべての法人の合計10,000年分のデータを活用した。Altman …

総合医療の初期診断AI 医師と同等の正確さ

米国 ヘルスケアスタートアップのBabylon Health は、総合医療での初期診断において、医師と同程度に正確な診断を下すことができるAIを開発したと発表した。さらに、患者の重症度に応じて治療の優先度を決定するトリアージという作業においては、同社が開発…

東工大と産総研ら 人工知能で火山灰粒子の形状を判別

東京工業大学と産業技術総合研究所、統計数理研究所の共同研究グループは、火山灰粒子を人工知能(AI)に学習させ、約92%の精度で特徴的な形状を判別・分類することに成功した。 従来の方法では、目視により火山灰粒子の形状の判別と分類を行っていたため、…

1日180年分プレイするAI eスポーツでトッププレイヤーに勝利

AIの研究機関であるOpenAIは、人気ゲームDota 2の団体戦でAIチームがトッププロプレイヤーに勝利したことを発表した。 Dota 2は、人気eスポーツのひとつで、高度な戦術を必要とする。開発されたAIは、Dota 2のチーム戦で上位1%にあたるトッププロプレイヤー…

ディープラーニングでクリスタルの構成原子を予測

フロリダ州立大学の研究チームは、クリスタルの構成原子を予測するAIの作成に成功した。 同チームは、50,000種類のクリスタルの構造をテストデータとしてプログラムに読み込ませ、化学に関する基礎知識を与えることなく、ニューロンネットワークモデルと呼ば…

生体分子の研究にも機械学習を活用

生体分子(体内にある物質)の特定に、機械学習を活用する技術が開発された。 ヨーロッパ分子生物研究所(European Molecular Biology Laboratory)のダニエル・フランク氏らの研究チームは、既存のSmall angle X-ray scattering (SAXS)と呼ばれる生体分子の…

電子カルテの自然言語処理解析 90%以上の精度で感染症・伝染病の診断

シンガポール国立大学の研究チームは、電子カルテの自然言語処理による解析を実施。これにより、90%以上の精度で感染症・伝染病の診断を下すアルゴリズムの開発に成功した。 同チームは、総合診療科の電子カルテ1680件のうち、半分をトレーニングに使い、残…

機械学習 脳3D画像を1000倍速く比較

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、機械学習アルゴリズムを活用することにより、脳の3D画像の核磁気共鳴画像法(MRI)比較を1000倍速くする研究を発表した。 脳の3D画像の比較には、撮影位置の調整や光学的な調整が必要とされるため、従来の…

Google 電子カルテのディープラーニングで死期さえも予測

Googleは、電子カルテのディープラーニングによって、患者のさまざまな容態を予測可にするアルゴリズムに関する研究結果を発表した。 同研究は、カルフォルニア大学サンディエゴ校、シカゴ大学の病院に入院した216,221人分の成人患者の電子カルテを利用して…

機械学習でケンカの予兆を発見

米国コーネル大学のチームは、機械学習によって「ケンカや揉め事の予兆となるフレーズ」を見つけ出す方法を研究。その結果を発表した。 同研究チームは、ウィキペディアの編集ディスカッションページ5,000万件近くの会話を分析。Perspective APIによって、ケ…

ルービックキューブ全面揃え 自ら解決方法を導くアルゴリズム作成に成功

カルフォルニア大学アーバイン校のコンピューターサイエンスの研究チームは、人間の手助けをまったく必要せずに、プログラムが自らルービックキューブを揃える方法を考案するアルゴリズムの作成に成功した。 ディープキューブ(DeepCube)は、3×3形式のル…

ディープランニングでニュース分析、株価予測可能である研究結果

東京工業大学の研究チームは、ディープランニングによってニュース記事を分析することで、株価の予測が可能になるという研究結果を発表した。 ニュース記事の評価は、従来、人の手によって経験的に行われる。そのため、記事に対する評価は、人によって異なる…

機械学習と統計学的アプローチ サッカーワールドカップ優勝国はドイツと予想

ドイツ ドルムント工業大学のアンドレア・グロウル教授らの研究チームは、機械学習と統計学的アプローチを組み合わせた手法で「2018年サッカーワールドカップの優勝国は、ドイツになるだろう」という予想を立てた。 同教授らは、各国のGDP、FIFAランキング、…

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog