自然言語解析

慶大医学部と富士通、診療支援AI技術を開発

慶應義塾大学医学部と富士通による共同チームは、AIによる診療支援技術を開発したことを明らかにした。 同チームは、放射線科医が読影した画像検査報告書に、自然言語処理と機械学習が可能なAI技術を適用し、入院の可否などを分類する学習済モデルを開発。こ…

港区 外国人向け多言語AIチャット

東京都港区は、多言語人工知能(AI)チャットによる外国人向けサービスをリリースすると発表した。 港区は、Facebook Messenge、もしくは港区公式Facebookページ「Minato Information Board」において、外国人向け行政情報に関する問合せに対し、AIチャット…

GoogleのAI翻訳機能 日本経済新聞社グループに提供

Googleは、サンフランシスコで7月24日から26日で実施されたGoogle Cloud Nextにおいて、翻訳サービス AutoML Translationの機能を、日本経済新聞社グループに提供していることを発表した。同サービスによって、日本語記事の英語のなど多言語への翻訳が行われ…

マイクロソフト 自然言語解析で株価の予測に挑戦中

マイクロソフトは、自然言語解析による機械学習を活用し、株価を予測するアルゴリズム作成を試みており、投資する上で重要な指標を算出できる可能性があることを明らかにした。 同社は、米国の上場企業1,000社、2年分の決算データを自然言語解析したうえで、…

NTTコム 個別翻訳モデル学習によるAI翻訳サービスのメニューを追加提供

NTTコミュニケーションズは、ビジネス文書を高速翻訳するAI翻訳プラットフォームサービス「COTOHA Translator」について、利用ID数に拠らない料金体系と翻訳速度の向上を保証する「ビジネスプラン」を2018年7月19日より提供開始すると発表した。 「COTOHA Tr…

ユニクロ AIを活用したお買い物アシスタントサービス「UNIQLO IQ」をリリース

ユニクロは、AIを活用したお買い物アシスタントサービス「UNIQLO IQ」のサービス提供を開始した。 これは、AIを活用したチャット自動応答システムで、商品情報や着こなしの検索、店舗の在庫状況の確認、オンラインストアでの購入、よくあるお問い合わせの確…

東京都水道局がAIチャットボット提供開始

東京都水道局がAIチャットボット「水滴くん相談室」を提供開始した。 AIチャットボットは、人工知能の技術を利用して、コンピューターと自然な言葉でやり取りができる問い合わせ対応システム。24時間対応が可能なため、時間にとらわれずサービスを提供できる…

Google Duplex 一部のコールセンターで本番運用

The informationは、コールセンターの現場でAIが実際のカスタマーとやりとりをするサービス「Google Duplex」が実験段階に進んでいると報じた。 Google Duplexは、AIがまるで人間と会話しているようにやりとりできることを目指すサービス。The informationに…

Facebook 自然言語解析のAIベンチャー買収の可能性

米国テック系メディアのテッククランチは、Facebookがロンドンを拠点とする自然言語解析のAIベンチャーBloomsbury AIを買収したと報じた。ただし、Facebookは買収に関する発表をまだ行っていない。 Bloomsbury AIは、フェイクニュース検知するサービスを開発…

Google Docs 自然言語解析による検索機能を提供

Googleは、Google Docsの新機能として、自然言語解析を利用した検索機能の提供を開始した。本機能は、2018年7月29日時点では、英語版のみ実装されている。 これより、自然言語解析を利用した検索では、「先月、自分が作ったファイルは?」など自然な話し言葉…

Yelp AIでレストランの人気メニューを検出

北米を中心にレストラン検索サービスを提供しているYelpは、AIを使って各レストランの人気メニューを検出する機能を公開した。 同AIは、各レストランへの口コミ投稿と写真データに対して機械学習を実施し、写真の投稿頻度とコメント内容から人気メニューのリ…

独コメルツ銀行(Commerzbank) 調査レポート執筆AIを開発中

米メディアのビジネス・インサイダーによると、ドイツのメガバンク コメルツ銀行(Commerzbank)は、人工知能(AI)によって分析レポート作成を模索していると報じた。 同銀行は、ドイツ第二位のメガバンク。米紙のファイナンシャル・タイムズによると、AIに…

電子カルテの自然言語処理解析 90%以上の精度で感染症・伝染病の診断

シンガポール国立大学の研究チームは、電子カルテの自然言語処理による解析を実施。これにより、90%以上の精度で感染症・伝染病の診断を下すアルゴリズムの開発に成功した。 同チームは、総合診療科の電子カルテ1680件のうち、半分をトレーニングに使い、残…

Google 電子カルテのディープラーニングで死期さえも予測

Googleは、電子カルテのディープラーニングによって、患者のさまざまな容態を予測可にするアルゴリズムに関する研究結果を発表した。 同研究は、カルフォルニア大学サンディエゴ校、シカゴ大学の病院に入院した216,221人分の成人患者の電子カルテを利用して…

エイベックス、東京理科大学 自然言語処理AIベンチャーに出資

エイベックス株式会社と東京理科大学ベンチャーファンドは、自動コミュニケーションが可能な会話エンジンを開発するSELF株式会社に2億5000万円出資した。 SELF社は、自然言語処理によって自然な会話を実現するコミュニケーションエンジンの開発に強みを持つ。…

機械学習でケンカの予兆を発見

米国コーネル大学のチームは、機械学習によって「ケンカや揉め事の予兆となるフレーズ」を見つけ出す方法を研究。その結果を発表した。 同研究チームは、ウィキペディアの編集ディスカッションページ5,000万件近くの会話を分析。Perspective APIによって、ケ…

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog