ソフトバンクホークス AI活用してチーム戦略

福岡ソフトバンクホークスは、「野球選手トラッキングシステム」をチーム戦略に活用するという。

ライブリッツ社によって提供される同システムは、高解像度カメラによって撮影された投球・打撃・守備・走塁動作を一括してデータ化し、AIを利用して分析するというもの。守備範囲、守備位置、打球への反応速度、走者の塁間スピード、加速度、コースの取り方等を指標化し、選手の動きを科学的に評価することが可能となる。

3月中旬より、ヤフオクドームや二軍球場に同システムの専用機器を設置。2018年シーズンからの本格導入を目指す。得られたデータを活用することで、より戦略的な守備シフトの構築や、走塁技術の向上などが期待できるという。

f:id:yyamaba:20180617235424j:plain

f:id:yyamaba:20180617235439j:plain



利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog