筑波大学 AIで野球の配球予測に協力

筑波大学と株式会社グラッドキューブは、プロ野球に関するビッグデータを活用し、AI勝敗予想・一球予想の精度を上げるための共同研究を行う。

同社は、筑波大学体育専門学群・西嶋尚彦教授と共同で、プロ野球に関するビッグデータから、スポーツ中継と共に配信するためのプレー項目を構成。項目特性を統計学的に分析する。プロ野球データについては、データスタジアム株式会社から提供を受ける。

AIによる配球予測や勝敗予測は、同社が運営するメディア「SPAIA(スパイア)」で公開予定だという。

f:id:yyamaba:20180619120749j:plain

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog