住友商事 製造現場の異常信号をAIで検知するベンチャーに出資

住友商事株式会社は、Falkonry,Inc.(以下「ファルコンリー社」)の第三者割当増資を引き受けた。ファルコンリー社は、製造現場の機械異常を、人工知能を用いて検知するサービスを提供している。

このサービスは、機械設備の温度や振動などの時系列データをAIに分析・学習させることにより、従来見落とされていた異常信号の早期検知が可能になるというもの。

AIを導入することで、機械設備の予防保全や、出荷前製品の不具合検出、またその不具合の原因特定といった一連の運用が、現場のエンジニアのみで対応可能になることも期待されている。

住友商事は、ファルコンリー社が持つこれらの技術の、既存ビジネスへの適応を支援し、将来的には国内市場向けにソリューションを拡販していくという。

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog