チューリッヒ生命 IBM Watsonベースのチャットボット採用

チューリッヒ生命は、お客様サポートのサービスに、IBM Watsonベースのチャットボットを導入することを明らかにした。

同社はもともと電話のみでお客様サポートの対応を行っていたが、カスタマーの利便性向上のために、担当者が入力する有人チャットとIBM Watsonベースの無人チャットの両方を採用。24時間365日、お客様サポートの一次対応をAIチャットボットが担い、担当者にしか答えられない質問はスムーズに有人対応に切り替えるという。

IBM Watsonベースの無人チャットは、株式会社アイアクトが提供するサービスを利用するという。

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog