中国の医療診断AI 医師よりも高い精度で脳腫瘍を診断

医療診断AI「Biomind」は、中国の医師たちを上回る精度で脳腫瘍を診断した。

f:id:yyamaba:20180708022948j:plain

Biomindは、シンガポールのAIベンチャーと台湾の病院とが共同で開発した医療診断のAIアルゴリズム。中国の医師たち15名と脳腫瘍に関する診断対決を行い、その模様がTV番組で放映された。

同番組では、脳のMRI画像が提供され、医師らとAIは15問の設問に挑戦。腫瘍の箇所を答える形式で2回戦が実施された。1回戦目は、AIの回答率が87%だったのに対し、医師らの解答率は66%。2回戦目は、AIの回答率は83%、医師らの解答率は63%と、いずれAIが医師らの正答率を上回る結果となった。

米紙ロサンゼルス・タイムズによると、中国の地方病院は医師不足に陥っており、政府はAIによる医療診断に期待を寄せている。さらに、中国政府は中国の人口14億人ものデータを活用し、医療診断AIの精度を上げていく意向があると報じている。

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog