ソフトバンクとfreee スモールビジネス向けに煩雑な手作業を自動化するロボットを共同開発

ソフトバンクとfreeeは、企業の会計、人事・労務の煩雑な手作業を自動化するロボットを共同開発することを発表した。

ソフトバンクは、人間が行う単純作業や書類業務をソフトウェアロボットが代替する「SynchRoid(シンクロイド)」を提供している。同サービスを活用し、freeeが提供する「クラウド会計ソフト freee」および「人事労務 freee」向けのソフトウェアロボットを開発・提供するという。

企業の会計、人事・労務における煩雑な作業にコストをかけられない中小企業や個人事業主への提供を検討しており、スモールビジネスの生産性向上に貢献したいという。

f:id:yyamaba:20180709142714j:plain

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog