皮膚腫瘍の悪性を判定できるAIを開発

筑波大学と京セラは、共同で、皮膚腫瘍の悪性判定が可能なAIを開発した。

f:id:yyamaba:20180714123147p:plain

同共同チームは、筑波大学が所蔵している臨床写真を用いて、90%以上という非常に高い診断精度を有する皮膚腫瘍人工知能(AI)診断補助システムを開発した。

同大学によると、従来、AI学習に必要とされる画像数の半分以下である約6,000枚の臨床写真を用いた場合でも、皮膚腫瘍の良悪性を判断できる割合(識別率)が90%を超えるシステムを開発することに成功したという。識別率90%は、専門医よりも正確な診断だという。

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog