営業部門でのAI活用の可能性

ビジネスコンサルタント・Victor Antonio氏は、Sales Ex Machina: How Artificial Intelligence is Changing the World of Sellingを発表。これによると、ビジネスシーン、特に営業的な観点でAI活用を期待できる領域は、主に5つあるという。

f:id:yyamaba:20180731030721j:plain

1.最適な値引き価格

過去の営業実績から、AIが最適な値引き価格を提示できる可能性がある。

2.営業チームの売上予測

過去の実績を参考に、AIが営業チームの売上着地を高精度で算出できる。

3.より高い客単価、関連商品の追加販売

既存顧客の分析により、高単価の商品を提案すべき顧客や、関連商品に興味を持つ顧客を検出できる可能性がある。

4.見込み顧客の管理

顧客とのやりとりを分析することで、A購買可能性が高い顧客、購入する見込みがない顧客を、AIが選別できる可能性がある。

5.営業スタッフの売上パフォーマンスの管理

営業スタッフの営業データをAI解析することで、高い実績を上げるスタッフを発見しやすくなる。

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog