慶大医学部と富士通、診療支援AI技術を開発

慶應義塾大学医学部と富士通による共同チームは、AIによる診療支援技術を開発したことを明らかにした。

同チームは、放射線科医が読影した画像検査報告書に、自然言語処理と機械学習が可能なAI技術を適用し、入院の可否などを分類する学習済モデルを開発。これにより、画像検査報告書などの内容からAIが緊急性を分析し、治療を優先すべき検査結果を主治医に通知する診療支援が可能になるという。

開発に際しては、慶應義塾大学病院が、診療記録、検体検査、画像検査、画像検査報告書など、さまざまな臨床データを提供。富士通はAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」を適用したという。

f:id:yyamaba:20180801070210p:plain

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog