ルービックキューブ全面揃え 自ら解決方法を導くアルゴリズム作成に成功

カルフォルニア大学アーバイン校のコンピューターサイエンスの研究チームは、人間の手助けをまったく必要せずに、プログラムが自らルービックキューブを揃える方法を考案するアルゴリズムの作成に成功した。

ディープキューブ(DeepCube)は、3×3形式のルービックキューブを30回以内の動作で全面揃えることが可能となるアルゴリズム。人間からのヒントなしで、アルゴリズムが自ら解決方法を考え、ゴールにたどり着く。30回以内の動作での全面揃え完了は、人間の知能と同等であると同研究では述べている。

f:id:yyamaba:20180617130852j:plain

参考文献
Solving the Rubik's Cube Without Human Knowledge

利用規約運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 The AI Times. All Rights Reserved.
Powered by Hatena Blog